チッペンデールのレッスンはこんな風に進みます!

チッペンデールでは、自分で考えることで自分の演奏を創り出して行く力を養うお教室です。
その為には、与え過ぎず(一方通行にならないように)考える時間を大切にすること、会話の中でヒントをたくさん与えること、画像や音源などデータを知識と共に与えて行くこと、などを心がけています。
又、最新の情報や方法を学ぶ為に、セミナー・書籍・ネットワーク・お勉強会などを通じて講師が常に前向きに取り組んでいます。
“楽しむ”ようになる為には、やはりそれなりの過程を経て得たスキルが必要です。長いスタンスでの目標設定を大切にして、生徒さんと共に笑い、生徒さんと共に考え、生徒さんと共に成長して行けることが喜びです。

◆ひとりひとりにあったアプローチや速度でレッスンが進みます。
◆繰り返しわかるまで何度でもお話をして、不安を取り除きます。
◆できる!やれる!という可能性を引き出して、できた!やれた!という自信に繋いでいきます。
◆お母様とも密に連絡を取り、疑問や不安には丁寧に応対します。
◆自分で考えることを大切にし、間違ってもミスをしても大丈夫な雰囲気を作り
そこから答えを導き出せる強さを養います。
◆美しさや感動など、情操教育には最適な内容での言葉掛けを意識して取り組みます。

講師紹介

 冨永雅子(とみなが まさこ) 教室代表

生徒さんひとりひとりの個性と能力に沿った導入レッスンが得意です。様々な方向からのアプローチでレッスンを展開して、どんな生徒さんも粘り強く向上心のある生徒さんに育てます。お母様や生徒さん本人との会話を重視して、いつもオープンな状態でレッスンに臨みます。レッスン以外のご相談や、子育てについてのお悩み等、何でも話せるお教室です。

 冨永祐依(とみなが ゆい)

ソルフェージュを佐々木邦雄先生、ピアノを佐々木恵子先生に師事。

脱力奏法を高校の時から新海未穂先生に師事して学び、現在はその指導法を学んでいます。脱力が出来ていると演奏における音楽の表現の幅が格段に広がります。また、美しい音へのアプローチは、脱力が出来ていないとかなり難しいものがあります。私自身今も研鑽中ですが、美しい音へのこだわりは誰にも負けない自負があります。
生徒さんひとりひとりに寄り添い、それぞれが持っている個性や能力、特性を把握し、その生徒さんにあった指導法を見極めてレッスンに臨んでいます。

 釜田真紀(かまた まき)

高校1年生より冨永先生のお教室の門下となりました。それからのご縁でチッペンデール立ち上げ以前から一緒に行動させて頂いていました。

ピアノは、毎日の積み重ねが重要ですが技術を身に付ける為の努力は上手くいくことばかりではありません。それぞれにあったペースで努力し達成感を感じながら、10年以上のピアノの長い道のりをしっかり歩んでいけるようにサポートする気持ちでレッスンを行っています。